椎間板ヘルニア手術(胸腰部)

原因

背骨と背骨の間には、椎間板というクッション材が存在します。
椎間板は、ゼラチン様物質が繊維組織に囲まれて存在し、椎間板物質とよばれています。
椎間板ヘルニアは、この椎間板物質が周囲の繊維組織を破って脱出し、脊髄神経を圧迫した状態です。この脊髄神経を圧迫することで、下記の臨床症状が現れます。

好発犬種

ミニチュアダックスフント、ビーグル、マルチーズ、コーギーなどに多く認められます。

症状と重症度

  1. 最初はすこし背中を庇っているように見えたり、痛みを示したりします。
  2. 次に歩きたがらない。後足がスムーズにでないなどの症状が多いと思われます。
  3. 後肢がふらふらと2~3歩進むがすぐにお尻をついてしまい歩かない。
  4. 前足だけで移動して、後肢は動かず表面の痛みを感じない。
  5. 最終的には、後肢が全く痛みを感じない。

症状は、軽い方から順番で記載しましたが、この症例で1~5の順番で進むこともありますが、むしろ突然に4あるいは5の状態で来院されます。当院では、4あるいは5の状態で来院される場合には、内科的治療では改善の可能性が低いため、検査後すぐに手術をお勧めしています。
   

検査

神経学的検査
その症状が神経疾患の症状なのか?そして、脊髄神経のどのあたりで神経障害がでている可能性があるのか?ということを主に調べます。また、同時に神経障害の進行度を調べます。つまり、内科的治療で改善が期待できるのか?外科手術が必要なのか?を確認します。

治療

内科的に改善が期待できるのならば暫く、内科的治療を勧めます。
外科手術が必要ならばMRI撮影後に外科手術に進みます。

症例の手術前後の経過を動画として載せました。

  1. この症例は突然の歩行困難という主訴で来院されました。
  2. 手術前の写真です。この様に手術前はきれいにバリカンで刈ります。
  3. 手術では骨に穴を空けて、脊髄神経を押している椎間板物質を除去します。
    これが除去したものです。
  4. 手術直後は元気がありません。
  5. 手術2日後からはリハビリが始まります。
  6. この様に起立が可能となる前に、この動画の様に尾を振り始めます。
  7. 起立可能となるのは、殆どが5~14日後ぐらいなのですが、手術2か月後あるいは半年後に歩行可能となった症例もいます。

予後と注意事項

上の動画のように、外科手術後に歩行可能となるケースがある一方で手術後も歩行できないケース も存在します。特に足に全く痛みを感じないような症状(症状4~5)が重い場合に認められます。
さらには、脊髄融解症などを合併する場合には予後不良となるケースも存在しますのでご注意下さい。

さらに詳しく実際の症例を見る

神経疾患

脳腫瘍

現在、ペットの高齢化が進み脳腫瘍の罹患率が高くなっています。また、高度医療機器の普及に伴い小動物において以前は診断できなかった脳腫瘍が診断されるようになった背景があります。 脳腫瘍の症状は、動きが緩慢で運動失調が認められます。少し周囲の刺激に対して反応が悪いことが多いです。その他、痙攣等を認めることがあります。
身体検査、神経学的検査、追加検査にてMRI撮影が必要となります。

脳炎

脳腫瘍の際にもお話ししましたが、MRI撮影などの高度医療機器の発達により、頭がい骨内の 脳を画像として観察できるようになりました。また、同時に脳脊髄液を調べることで診断精度が、 飛躍的に上がりました。この症例は、3~4歳から痙攣が始まり、以後3年のあいだ痙攣 を止める薬を投薬していましたが、最近、痙攣の頻度が高くなってきたと来院されました。
身体検査、神経学的検査後にMRI撮影、脳脊髄液検査等にて脳炎が判明しました。
※写真はMRIの脳炎の画像です。

馬尾症候群

脳から始まる神経は、最後には「馬の尾」のように岐れた外観を示すことから、この脊髄神経 の終末部に現れる神経的な異常を馬尾症候群と呼ばれます。最近では、変性性腰仙椎狭窄症と呼ば れています。  中型・大型の犬に好発し、尾がさがったまま、階段の上り下りを嫌うなどの症状が認められます。 診断は神経学的検査、レントゲン写真とMRIが有効となります。

変性性脊髄症

これは遺伝性の疾患であり、遺伝子の欠損により脊髄神経が変性する疾患です。特定の犬種に 起こることが解ってまいりました。最も発現しやすい犬種はコーギーが知られています。動画は 当院の患者さんでゆっくりとした進行性の歩行異常(右足)を示しています。  遺伝子検査にて陽性であることが解りました。改善は見込めませんが、歩行可能な時間をより長く過ごせるように治療しています。先ほどの馬尾症候群と似ているので注意が必要です。

繊維軟骨梗塞(脊髄梗塞)

椎間板物質が脊髄内の血管に詰まり、部分的な虚血状態をつくることで神経症状が現れる病気です。その殆どが急激に発症し、左右差が大きく特徴的な症状を示します。ミニチュアシュナウザーは他の犬種に比べて発症頻度が高いようです。

次の動画は、チワワで左右両後肢は殆ど動きません。発症して翌日の状態です。
▼動画1

鑑別診断のためMRI撮影を依頼しました。画像的には椎間板ヘルニアと診断されましたが、後肢の神経学的反応などから最終的に脊髄梗塞と診断しました。
この症例の様に椎間板ヘルニアのある部位と脊髄梗塞がある部位が重なった場合には、どちらが原因で症状が出ているのか?判断するのが難しいこともあるようです。
次の動画は約3週間後の状態です。
内科治療とリハビリにより、徐々に後肢は動き出し歩行できる状態になっているのがわかります。
▼動画2

脊髄軟化症

これは、脊髄神経疾患の合併症として知られ、椎間板ヘルニアや脊髄神経の外傷、繊維軟骨性梗塞などに引き続いて起こります。椎間板ヘルニアでは、より重症度の高いものほど発症する確率が高くなります。現在では、発症した場合には治療法がないことが知られています。

全般発作

全般発作は全身性の痙攣症状として知られています。これは、脳全体の異常興奮状態ですが、脳腫瘍や脳炎、てんかんあるいは水頭症などの原因が脳内にある他にも、低血糖などの代謝疾患や中毒などでも起こることがあります。脳内に原因がある場合には、痙攣を止めることが治療の主体となります。

焦点発作

焦点発作は、脳の一部分だけが興奮した状態となることで、体の一部が痙攣する症状や一時的に無意味な同じ行動を繰返すなどの症状を示します。
え、これが「発作」なの?と思われる飼主さんも多くいるのではないでしょうか?

中耳炎

中耳炎は耳の病気ですが、症状としては末梢前庭神経に障害が及ぶので神経症が現れます。症状は頭部が病変側に傾き、平衡感覚異常などの前庭症状が認められます。もちろん、末梢前庭障害の症状が認められます。

甲状腺機能低下症による神経症状

この症例は、やっと歩行するぐらいの歩様を示し来院しました。検査の結果、甲状腺ホルモンの著しい低下が認められました。甲状腺機能低下症は、稀に多発神経症を示し、筋肉の緊張度の低下や神経反射の低下や消失を示すことがあります。

▼治療前の動画


▼治療後の動画

シャム猫の内斜視

シャム系の猫に認められる先天性内斜視です。他に症状や異常がなければ、特に治療の必要性はありません。

Copyright(c) 2014 Marie Animal Hospital. All Rights Reserved.