猫の避妊手術

猫の避妊手術は、雌猫の左右の卵巣と子宮を切除する手術です。望まない妊娠を防止することや発情に伴う鳴声などの煩わしさあるいは卵巣や子宮の病気を予防する、あるいは乳腺腫瘍の発生率を下げる目的で行われています。

M1230004

手術は開腹して、卵巣と子宮を切除して、閉腹します。当院では、手術当日は入院になり、翌日退院です。ご自宅では、帰宅後エリザベスカラーの着用と内服薬の投薬を行います。

M1230011

1週間後に抜糸となります。下の写真は抜糸直前の写真です。

M1260005

下の写真は抜糸終了時です。抜糸終了時にエリザベスカラーを外すことができます。

M1260008

手術は予約制ですので予めお電話下さい。予約時に手術当日の注意事項等をお伝えいたします。