猫の骨盤骨折

今回は猫の骨盤骨折です。この猫さんは数日顔を見せないと思っていたら庭でうずくまっている所を見つけてご来院されました。骨盤骨折は骨折部位の中でも割合的には少ないと思います。その原因は交通事故が殆んどで、今回も外にいたのでその類だと思います。

先ずは全体的に血液検査、レントゲン検査、エコー検査などをして全体的な異常がないか?確認します。この症例は骨盤骨折以外に異常がありませんでしたので、数日落着いて手術をすることになりました。次に骨盤のどの部位が骨折しているのか?が重要です。

骨盤は腸骨、恥骨、挫骨の3つの解剖領域に分かれます。次の写真は手術前の骨盤写真です。この写真では右腸骨骨折があるのと左恥骨部、左挫骨部が骨折しています。

このまま放置しておくと骨盤腔が狭くなり、今後便秘が起こる可能性が高くなります。便秘が起こるとその後、内服薬が必要になったり、便を排出させる処置が必要になります。恐らく、それは猫にも飼主さんにも負担になることが予測されます。

次の写真が腸骨をプレートにて固定した手術後の写真です。骨盤腔内が広がったのがわかります。腸骨が整復されたことにより挫骨の骨折部も正常な位置となっています。恥骨に関しては骨折部の変位があります。

次の動画が手術翌日の状態です。特に動画を載せる必要もなかったのですが、飼主さんは見ると安心するものなので載せました。午後から食欲も出るようになりました。私達の前では一切動かないのでご勘弁ください。